【邦訳予約】バットマン:ザ・カルト(2023年3月16日発売予定)
カルト教団に誘拐され、洗脳されたバットマン。闇の騎士は洗脳状態から立ち直り、ゴッサムを救うことができるのか!?

巨匠ジム・スターリンが、カルト教団とバットマンの死闘を描く! 本作が発表された1988年から現在まで通じる、社会の暗部が暴かれる……。
「独善的な人々が、検閲の深紅の御旗を広げ始めたのだ。アメリカの司法長官が、雑誌市場の浄化に圧力をかけた。
再び現れたTV伝道師たちが、コミックの害悪を訴える番組を制作した。
(中略)本作では、ブラックファイア助祭が宗教指導者を装い、道徳的な独善主義を隠れ蓑にして、自身の個人的な目論見を推し進めている。
その目的と方法は、我らの州都でロビー活動を行っている数々の団体よりも遥かに過激だが、共通点がある。
バットマンを屈服させたのだ。」(本書“序文”より)。



収録作品:『BATMAN: THE CULT』#1-4
著者情報
●ジム・スターリン[作]……コミックスライター、アーティスト。DCコミックスやマーベルコミックスで、数多くの人気作品に携わってきた。
●バーニー・ライトソン[画]……ホラーコミックスを得意とするアーティスト。スワンプシングを生み出したクリエイターとして知られる。2017年に病没。
●森瀬 繚[訳]……翻訳家、クトゥルー神話研究家。訳書に『バットマン:ゴッサム・バイ・ガスライト』『バットマン:ゴッサムに到る運命』(共に小社刊)、『クトゥルーの呼び声』(星海社)などがある。


B5判変・並製・208頁・本文4C
定価3300円(10%税込)
発売予定日:2023年03月16日
TM & (c) DC
型番 9784796873543
販売価格

3,300円(内税)

購入数

rss atom